• ホーム
  • ニキビ治療薬アダフェリンの効果とより高い効き目を得るための使用方法とは?

ニキビ治療薬アダフェリンの効果とより高い効き目を得るための使用方法とは?

2020年02月23日
肌がきれいな女性

ニキビを治療するというと潰したりレーザーなどのイメージがあるかもしれませんが、実際は塗り薬や飲み薬などで治療することが多いものです。その一つにアダフェリンという薬があり、こちらは海外で使われている薬になります。ニキビ治療薬として有名ですが、その効果や高い効果をもたらす使用方法はある程度決まっています。まず、アダフェリンの効果は肌の角質を溶かし、肌に詰まった汚れや毛穴の汚れを取り去ってくれるという効果があります。アダフェリンの場合は特に肌に詰まったものを溶かす効果がありますので、そうすることでニキビの原因となるアクネ菌や溜まった角質を取り除き、肌の状態をより良い状態に保ってくれます。

次にニキビ治療薬のなかでもニキビ治療の効果を持つ、というのも大きなポイントでしょう。ニキビ治療を行う場合再発をしないように気をつける事も大事で、再発を防ぐことによってよりきれいな肌を保つ事も出来ます。特に大きなニキビが何度も出来てしまうとその部位だけ肌荒れや赤みが残ってしまう可能性もあり、再発防止はかなり重要な事なのです。とはいえ、このような効果を得るための使用方法というのもきちんとあります。間違った使い方をするとアダフェリンも逆効果になってしまう事がありますので、注意して使いましょう。

使用方法としては、まずは他の抗菌薬を併用する事です。実は日本で処方されているニキビ薬でも、アダフェリンのように肌の角栓やアクネ菌を排出するものと、菌を殺す抗菌薬を併用することが少なくありません。このため、抗菌薬を併用することでより雑菌を殺す効果が高くなり、肌の状態が早く治るとされています。

また、保湿には低刺激性の物や敏感肌のタイプの保湿スキンケアを使い、あまり刺激を与えるマッサージなどは使わないようにすることが大事です。ニキビの場合、中には肌の負担を掛けてしまう場合や、肌を過剰にスキンケアしてしまうことによって負担を起こしてしまう場合もあります。肌を過剰にスキンケアすることで余計な刺激や負担がかかってしまうため、スキンケアをやりすぎたり刺激の強いピーリングやゴマージュなどは避けた方がいいのです。

特にピーリングやゴマージュは余計に肌に負担を掛けてしまったり、肌の角質を余計に取り除くので避けた方がいいのです。アダフェリンで角質を取り除くだけではなくさらに角質を取ってしまうので、乾燥肌になったり肌の回復が遅れてしまいます。アダフェリン使用中は避けましょう。